フォト
2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

2015年3月14日 (土)

コンピレーションアルバム ハナハサク

NHKの東日本大震災復興支援ソング『花は咲く』のコンピレーションアルバムです。
収録時間73分、全16曲、ひたすら『花は咲く』。
オリジナルカラオケ2曲入って、全14パターン、こんなにあるのかと驚かされました。
アレンジと歌い手が変わると、雰囲気もがらりと変わります。歌の入っていない曲や英語歌詞もあるので、飽きずに聴けましたconfident
赤一色でタイトルすら書かれていないディスクは、衝撃的でしたけど。

2014年1月24日 (金)

氷上のクラシック

MP3版 → 氷上のクラシック Classical Music on Ice


フィギュアスケートの音楽に使われている曲を集めたアルバムです。
2枚組で1枚目は今シーズン(2013-14)の使用曲で、2枚目はそれ以前のもの。中には、クラシックではないものも入っています。
このアルバムを購入した理由は、高橋大輔がSPで使用している『ヴァイオリンのためのソナチネ』です。SPバージョンと原曲フルバージョンの両方が入っていることに惹かれました。
他には、ベンのテーマ(シブタニ兄妹)と火の鳥(町田樹)がフィギュアスケートヴァージョンで入っています。
全部で29曲。短く編集された曲もありますが、聴き応えは十分です。コストパフォーマンスの良いアルバムだと思います。
・・・1枚目に2曲、2枚目に3曲と浅田真央率高いですsweat01

2012年6月 1日 (金)

花は咲く

NHKで流れている震災復興支援ソングです。
岩手、宮城、福島の出身者および所縁のある人たちががちょっとずつ歌い繋いでいっているのですが、継ぎ接ぎ感がありません。歌手もジャンルが色々ですし、歌手ではない人も混ざっているのに見事です。
ただ、このプロジェクトに参加している人たちの中でただ一人、鈴木京香さんだけが歌っていないのですよね。NHKで見た時から気になっているのですが、何故でしょうsign02

このオリジナルの他に、ソロ、東京少年少女合唱隊、インストルメンタルが収録されています。
このソロバージョンを、オリジナルにも参加しているAKB48の岩田華怜さんが歌っています。
アレンジに助けられている感じもありますし、高音が少し辛そうですが、予想していたより悪くないですcoldsweats01
むしろ良い感じsweat01
でも贅沢言わせてもらえば、メイキングでべた褒めされていた荒川静香さんのソロバージョンが聞きたいです。

2012年5月18日 (金)

アパッショナータ/川井郁子

ベストアルバムなだけあって、選曲が多彩です。
アレンジも、和テイスト、ジャズ風、スパニッシュ等々聞いていて飽きません。

しかも、ホワイト・レジェンド(羽生結弦・Ex)、ヴァイオリン・ミューズ(村上佳菜子・SP)、レッド・ヴァイオリン(無良崇人・SP)と2011-12シーズンで日本選手が使用した曲が入っています。
フィギュアスケート好きにとってもおいしいアルバムかと思いますhappy01

2011年5月 1日 (日)

希望の歌~La speranza~/藤澤ノリマサ

アラビアンナイトなシシリエンヌがツボでした。他にもG線上のアリアとか亡き王女へのパヴァーヌなど、ゆっくりした原曲が華やかなアレンジになっています。
ただ、前2枚と比べると原曲が分かりやすい曲が多かったように思います。

アルバムタイトルと同名のツアーが仙台に来ることを知って、喜び勇んでチケットを取りました。ものすごく楽しみにしていたのですが、東日本大震災が起こって仙台公演中止 crying
会場のハコが損傷したのですから仕方ないとは理解できますが、『こんな時だからこそ』生で希望の歌を聴きたかったです。・・・代替公演してくれないですかねぇ。


2009年12月 2日 (水)

Appassionato~情熱の歌~(DVD付)/藤澤ノリマサ

ポップオペラのアルバム第2弾です。
スパニッシュな『ヴォカリーズ』、テクノな『白鳥の湖』、コーラスと一緒に歌い上げる『1812年』等々、今回も編曲の妙を存分に味わえます。
今回はオリジナル曲も入っています。これがまた『有名なクラシック曲じゃないの?』と思えてくるから不思議です。

DVDには、コンサートの中の1部が入っています。来年1月に発売されるコンサートDVD の宣伝ですね。
と、分かっていても買ってしまいそうです(笑)



2009年10月15日 (木)

VOICE OF LOVE ~愛の力~/藤澤ノリマサ

今一番お気に入りのCDです。
ポップオペラというジャンルになります。
有名なクラシックの曲をアレンジして、日本語の歌詞がつけてあります。ただ、1曲の中にポップな部分とオペラ的な部分があり、ガラリと歌い方を変えています。それでいて違和感なくまとまっているのがすごいです。どちらの部分も力強くて伸びやかな声で圧倒されます。
アレンジも良いです。・・・演歌(!)を彷彿とさせるようなモルダウは、衝撃的でしたけど

12月には、新しいアルバム(タイトル未定)が出るようなので、こちらも楽しみにしています。

2008年1月17日 (木)

R35 Sweet J-Ballads

懐かしい曲がてんこ盛りですが、今聞いても新鮮です。名曲というのは、時代に左右されないものだと改めて感じました。
ただ・・・。年齢制限には引っかかっていないのですが、聞いたことの無い曲や覚えていない曲があったのが、ちょっとショック。あまりドラマも歌番組も見ないから、というのは言い訳ですね~(笑)

2008年1月 5日 (土)

VOCALIST/徳永英明

3部作全部聴きました。
アレンジも変わっていますが、歌い手が違うだけで曲の雰囲気までも変わるものですね。ただ、カバーするだけではなく『自分の歌』として歌っているからでもあるでしょう。
何度も聴いている内に、こちらがオリジナルの様な気さえしてくるから不思議です。





2007年10月14日 (日)

SOTTO VOCE/井上芳雄

ミュージカル界のプリンス井上芳雄のファーストアルバム。透明感のある歌声は、聞いていて飽きません。デビュー作である『エリザベート』のナンバー『闇が広がる』が入っているのもポイント高し。
2枚目のアルバム『空に星があるように』も素晴らしいですが、私はこちらの方が好きです。

«PRAHA/岩崎宏美